引っ越しで片付けが必要な理由とは?

家を新しく建てた、あるいはマンションを借りたなどの理由により引越しをすることがありますね。引越しはほとんどの人が経験したことがあると思いますが、多い人は20回も30回も引っ越しをして、いつの間にか引越しのプロだのベテランだの言われるようになっていきます。引越しをする時にはできるだけ安い業者を選びたいですし、荷物を減らして安い料金でできれば言うことはありませんね。そこで、引っ越しの片づけを工夫することで、費用を安くすることができるのですよ。

事前に運べる物と運べない物を分ける

これは割と近距離に引越しをする場合に限られますが、荷物は事前に運べるものと運べないものに分けておくべきです。事前に運べるものは段ボール箱数箱に詰めておくことで、無駄に段ボール箱を引越し業者に運んでもらわずに済みますのでに料金を安くすることが可能になります。もちろん段ボール箱は自分たちの車で運びますが、車がない場合にはレンタカーを借りて運ぶようにするとよいでしょう。ただ、レンタカーの場合には1回借りると6時間で6千円ぐらいしますので、3日も4日にも分けて荷物を運ぶと引っ越し代のほうが高くなってしまう恐れもあることに注意してくださいね。

残りの荷物は厳選しておく

引越しする日が近くなってきたら、もうこの家では使わないだろうなと思われるものは箱に詰めていきましょう。ただし、使わないと思った物でも何気なく使う機会がありますので、段ボールにはガムテープを貼らないでおくべきですね。そして、どうしても車に積めない大型の食器棚や大型の冷蔵庫、大型の本棚などは、引越し業者に任せて、後は当日自分たちで運ぶと費用を安く済ませることができるのです。このように、当日まで運んでもらう荷物とそうでない荷物を厳選しておくのが良いでしょう。

大型家電やタンスといった不用品の回収は前日までに連絡しておかないと回収のトラックが来ませんので、必ず事前連絡をしておきましょう。